先輩を知る

INTERVIEW 01 確実な成長を目指して、着実に歩んでいきたい。 2014年入社 上智大学 経済学部卒 植田 薫

interview 01 確実な成長を目指して、着実に歩んでいきたい。

interview 02 お客様、仲間、誰からも頼られる存在が目標。

interview 03 部下の成長をサポートし、良質な中古住宅を地域へ。

WORK 現在の仕事について

最初の困難が、成長を後押ししてくれた

営業職で入社後、わずか1年でマーケティング室へ異動に。現在の仕事は、「広告宣伝」や「販売促進」、「広報」、「調査分析」です。TV・ラジオ放映や雑誌への出稿といった華やかな仕事から、ネットの反響数や顧客属性の把握・分析~立案・実施といった統計業務まで、幅広く担当。他にも、看板やのぼりのデザイン、グッズ・ぬいぐるみの制作、社内広報誌の発行もしています。正直なところ、マーケティング室への辞令を受けた時には、営業としてまだやり足りない気持ちもありましたし、なぜ自分が選ばれたのかが、分かりませんでした。ですが、業務を進めていくうちに、Excelに数字を並べるような、地道な作業に時間を割かれる日もあるため、向き・不向きがある仕事だと気づきました。そういった作業が苦ではなく、むしろ向き合っていける部分が自分にはあるので、個人の長所や個性にしっかりと目を配ってくれている会社だなと、改めて思いました。

WORTH 仕事が生み出す価値・やりがい

社会に必要とされるモノづくり

営業をしていた頃は、自分や店舗の数字といった、自分に近い部分にある目標を追いかけるのが仕事でした。もちろんやりがいも大きかったのですが、今マーケティング室の一員として向かい合っているのは、会社として何が正解なのか?という部分。現場にいた時とは、全く視点が異なりますし、店舗を1年経験した段階で、全店舗の状況が把握できるポジションにいれるのは本当に有難いです。店舗とのやりとりも必要な部署なのですが、実際に経験したからこそ理解できる部分も多く、営業の経験を活かせています。また他の部署にも、ジョブローテーションで入社2年目などの若手社員が配属されています。どの部署も経営陣の下に直でつくことができるので、大先輩の知識をぐんぐん吸収できます。私の直属の上司でいえば、大手企業での編集長の経歴があります。仕事以外のことも学べますし、分からない点は時間を割いて教えてくれるので、お給料以上のものをもらっているなと感じています。

MIND 仕事をする上で大切な考え・想い

お客様の視点で物事を考える

ポータルサイトにおける反響数の把握・集計も頻繁に行います。ただ数字を把握するのではなく、その事実から分析を進めて、噛み砕いていくことで、会社の立ち位置や現状が見えてきます。地道な集計・分析作業も多くなりますが、「今の作業の目的(ゴール)は何なのか」を見失うことがないように、意識して業務に取り組んでいます。この数字から、こんなことが言えるのではないか、という仮説までもっていけるように、目の前にある事実を鵜呑みにはせず、疑ってかかるようにしています。また店舗では知ることができなかった情報が、今は自分の周りに素材として集まってきます。何を鍵として、それらを掘り進めていくのかが、自分に委ねられていることは大変ですが、大きなやりがいです。自身の頑張りで、会社の認知度を上げることができるポジションに立たせてもらっているので、いずれ自らの手で会社のプロモーションを成功させたいと思っています。

SCHEDULE ある1日のスケジュール

9:00~ 物件調査

9:00
パブリシティの収録を行うテレビ局まで直行します。

10:00
店舗スタッフのテレビ収録(会社紹介)に同行。撮影に立ち会いながら、出演者の様子や画面に表示される内容に間違いがないかを確認します。

11:00
スタッフにご当地の名物料理を教えてもらい、お昼ご飯。

12:00
会社に向けて移動。

13:00~ 販売準備

13:00
ネットからの問合せ数を店舗毎に集計をし、昨月・昨年との変化感や変わった傾向の有無を確認します。気になる部分・課題感があれば、何が要因か、どういう現象が起こっているのかを仮説立てし、上司に報告。改善策の要否や内容を検討します。

15:00~ ご案内&ご成約

16:00
物件を掲載しているサイトの担当者から、前月の反響実績や市場状況について話を聞くなど情報を収集。自社の実績動向を追うだけでなく、他社や市場の動きなども聞きつつ、社内社外の状況にもアンテナをはります。

17:00~ 書類&広告作成

17:00
自社物件のネット掲載ページを確認し、写真の枚数や明るさ、コメント内容などをチェックします。掲載内容(情報量や写真の明るさなど)が不十分な場合は、担当店舗へ連絡をして、更新を促します。単調ではあるものの、ネット掲載の質を担保するための重要な業務です。

17:00~ 書類&広告作成

18:00
今日までの業務の進捗と各タスクの期限を踏まえて、明日の行動予定を確認。「最低限ここまで」「できればここまで」という業務量の目標(目安)を自分の中でつくります。今日までで予定が崩れて来ている場合には、なるべく早い段階で調整するようにします。

OFF TIME オフの過ごし方

OFF TIME スノーボードを満喫! 全力を使って、一日を楽しむのが休日の過ごし方。雪の多い地域なこともあり、スノーボードをすることが多いです。学生時代はアクティブではなく、ウインタースポーツをそこまでやっていませんでしたが、今では上級者コースに行くほど上達しました。平日に行くため空いており、ゆっくり滑ることができます。

先輩を知る INTERVIEW 03 見る

Entry!

pagetop