サステナビリティ

持続可能な社会の
実現に向けて、
カチタスだからできることを。

社会

  • 空き家問題の解決

    日本全国の空き家は毎年増え続け、2018年現在では849万戸(国内の住宅総数に占める空き家の割合は13.6%)となっており、社会問題となっています。その一因でもある「都心×築浅×マンション」への流通集中に対し、カチタスが主に扱っているのは「地方×築古×一戸建ての住宅」。空き家となっている家を含んだ中古住宅に価値を見出すことで、いつまでも人の賑わいが途切れない、持続可能な社会の実現を目指しています。

  • 地域活性化

    カチタスは、仕入れた物件のリフォームを地域の協力会社(パートナー工務店)に依頼しています。都会に比べて地方は、公共工事や新築工事、大型ビルやマンションの建設が少なく工務店の仕事が減少しているため、カチタスが住宅のリフォームという仕事を創出しています。 また、学生が地元地域のために働きたいと希望したとしても、条件面で地元地域から離れて働かざるをえないことも多々あります。カチタスは地方に根差した採用活動で地元地域のために働きたい学生を採用し、雇用の創出と働きがいを提供しています。

環境

カチタスのエコロジー

新築住宅の開発・建築に比べて当社ビジネスモデルのCo2排出量は約1/4(新築が283kg-co2/㎡に対して中古は76kg-co2/㎡ )であり、木材使用料は約1/7(新築が21㎥に対して中古は3㎥)。 世界の森林面積は減少し、Co2の排出で地球温暖化が進む中で、地球環境にやさしい事業を行っています。

人材

女性活躍の推進

2020年4月1日時点で全社員の内、女性社員の比率は40.7%。女性店長(管理職)は、115店舗・店舗準備室のうち20名(17.4%)。新卒入社88名の内、女性社員は38名(43.2%)と高い割合です。また、2020年3月期のTOP20位の内、女性社員が12名(60.0%)と多くの女性社員が活躍しています。

カチタスの取り組むSDGs

カチタスは、地方の空き家となった住宅を、リフォームして、再生する事業により、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献していきます。

Sustainable Development Goals
1.貧困をなくそう
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界中に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられるまちづくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
15.陸の豊かさも守ろう
17.パートナーシップで目標を達成しよう
当社が取り組むSDGs 貢献の内容
1.貧困をなくそう カチタスの住宅は平均販売価格は1,400万円であり、月々の住宅ローン支払い額は4万円台となっています。安心・清潔・実用的な住宅を提供によりSDGsの達成に貢献してまいります。
3.すべての人に
健康と福祉を
10.人や国の
不平等をなくそう
11.住み続けられる
まちづくりを
6.安全な水と
トイレを世界中に
カチタスの住宅は、相続で空き家になった物件を中心にリフォームして販売しています。まだ使える住宅を再生して住みつなぐことで、スクラップ&ビルドではない新しい住まい方の提案によりSDGsの達成に貢献してまいります。
7.エネルギーを
みんなに
そしてクリーンに
12.つくる責任
つかう責任
13.気候変動に
具体的な対策を
15.陸の豊かさも
守ろう
4.質の高い教育をみんなに カチタスは、地元で生まれ育った学生を中心に新卒採用しています。地元に貢献したいという学生を、空き家問題の解決を通じて地域貢献できる喜びを提供することによりSDGsの達成に貢献してまいります。 またリフォーム協力会社と共に空き家を再生するというパートナーシップを組みながら空き家問題を解決することでSDGsの達成に貢献してまいります。
8.働きがいも
経済成長も
9.産業と技術革新の基盤をつくろう
17.パートナーシップで目標を達成しよう
5.ジェンダー平等を実現しよう カチタスでは、家事の動線を意識したリフォームの企画や売主・買主に共感するコミュニケーション等がパフォーマンスにつながるため、多くの女性社員が活躍しています。 男女分け隔てのない活躍の場を提供することでSDGsの達成に貢献してまいります。

IR情報

株主・投資家の
皆様に向けての
メッセージを掲載しています。

view more