中古住宅買い取りのカチタスTOP>おうちを売りたい>買い取りと仲介の違い

買い取りと仲介の違い

仲介会社に売却を依頼すると「いつ買い手が見つかるかわからない」とか「購入希望者が現れるたびに内覧が発生」などの不都合もあるようです。 カチタスでは当社がリフォームしてから販売する前提で、適正な価格で責任を持って買い取りますので仲介手数料が不要なだけでなく、即現金化でき、売却時期も明確です。

買い取りと仲介での売却を比べるとそれぞれ次のようなメリット、デメリットがあります。

買い取り
仲介
メリット
  • すぐに現金化できます。
  • 購入希望者による内覧が発生しないため、余計なストレスがかかりません。
  • 売却後の瑕疵担保責任が発生しません。
  • 仲介手数料がかかりません。
デメリット
  • 仲介よりも査定額が低い可能性があります。
物件購入者 カチタス
広告宣伝 不要
仲介手数料 不要
売却期間 即時
メリット
  • 買い取りよりも高額で売却できる可能性があります。
デメリット
  • 購入希望者がいつ現れるかわからないため、場合によっては売却まで長期間かかることがあります。
  • 住居中に内覧等が発生します。
  • 所有中は庭の手入れや建物の維持管理費(固定資産税など)も必要になります。
物件購入者 購入希望者を探す
広告宣伝 必要
仲介手数料 必要
売却期間 購入希望者が見つかり次第
(目安:3ヵ月~6カ月)
※購入者が見つからない場合もあり。

買い取りの場合、仲介ですぐに売却できた場合と比べるとお客様の手元に残る金額は少なくなることが多いです。しかし総合で見た場合どうでしょうか?

仲介に比べてすぐに現金化できるので、いつごろ売れるだろうか?と悩むこともありませんし、購入希望者による内覧が発生しないので、落ち着いて過ごせます。

そして何より、売却後に発生したトラブルに基本的に関わらなくて済む点が大きなメリットと言えるでしょう。

買い取り査定のご依頼はこちら